日記(ブログ風)  その8
  2006年12月 4日~2007年3月1日

その9 目次

120 2007年 3月 1日 I am not a virgin.
 nikeのキャンペーンで、フルマラソンを完走した人にTシャツをくれるというので個人情報を提供して戴いた。帰宅して開いてみてビックリ!
 I AM NOT A VIRGIN とプリントしてあり、こっぱずしくて着れない。男は・・・
 いい年こいた叔母さん(家内など)が着ていたら、わかっているわいどアホ・・・
 娘が着て走っていたら、あんたいつ、だれとなんてこになる。
 生地は割りとよさそうであるが、ダクロンではないと思う。練習用にはちょっとねぇ。

119 2007年 2月21日 朝からビール、おばたりあん
 久々の地方出張、今回は長野の先の麻績村(おみむら)。富士通SSLに居た頃は旅費と幾らかの手当てが出たので問題はなかった。現在は実費であるため出来れば行きたくないが、そうは言えないところが辛い。長野新幹線が開通して長野往復は初めて8両編成と短いこともあるが、結構込んでいたのにはビックリした。
 大宮から高崎までは満席。大宮からおばさん連中が乗ってきて、思ったとおり五月蝿い。コートを脱いで落ち着いたところで「わたし一番絞り」「スーパードライ」とまだ10時前というのに、グイグイ、バリバリ、ぺちゃくちゃ、気楽なものである。旦那連中は仕事の最中なのだ、水曜日だし。感謝してるのだろうか、多分旦那のダの字も忘れ去っているに違いない。女が長生きなのはあたりまえ。

118 2007年 2月11日 地域の特産品小包
 お年玉年賀はがきの当たり、米沢牛が送ってきた。というかそれにしたのであるが、確立は1/2500と結構厳しいもので、ここのところ1年毎に当たっているので、運がよいと言える。もちろん、年賀状を送ってくれた人にはお礼は言った。
 家族4人ではちょっと足りないなぁという微妙な量である。しかし、そう贅沢は言えないだろう。
 本日は久々、冬型の良い天気だった。宿題の東海道踏破があり、今日がその日だったかもしれない。今回は薩タ(JISコードにない。土遍に垂)峠を越えるため、富士山が綺麗に見える日を狙っていたが、暖冬での上、既に黄砂も来ているということで、今年は諦めていたが・・・

117 2007年 2月 5日 やはり春になっている
 もう梅が開いていて、昨年より20日程度早いと思われる。さすがにまだ桜は咲いていないが、この陽気ならまもなく咲くかも知れない。
 暖かくなったので、トレーニングは半袖にした。途中公園を通過するが、走っている人を見ると、達磨さんのように着込んでいて、暑くないのかと疑問に思う。相手は私を見て「寒くないのか」と思っているかもしれない。マラソン選手は真冬でもランパンにランニングであるから、私の半袖姿も必然性はある。
 昨日、藤田(富士通)が別大マラソンで優勝し、感心したところである。12月の福岡で失速し「情けない」と言ったものであるが、その1週間後自分がホノルルマラソンを走り「情けない」と言った自分を反省した。2時間台でフルマラソンを走れる人は皆凄い。富士通は藤田に対して特別ボーナスを出してもよいと思った。

116 2007年 2月 1日 はや春か
 今年は、冬らしい日がない。走っていて、もう半袖でも良いくらいだ。富士通SSLの佐藤氏の誘いで「荒川マラソン」にエントリした。3月18日がその日であるが、年度末の納品が多くというか一番忙しい時期で、一度は無理だと断った。佐藤氏が言うには「多分、こっちの方が忙しい」と、言下に『敵に背中を見せる気か』と伝わって来た。ホノルルで負けたことが悔しいのだろう。私の方が10歳年上だし、あのとき「ウンコ」がとういう思いがあるだろう。
 そんなわけで、またフルマラソンを走ることになり相変わらず時間があればトレーニングをしています。10kmをコンスタントに60分を切れるようになったので進歩はしていると思われる。ただ今回はフルマラソンを甘く見すぎて失敗する可能性もある。

115 2007年 1月26日 こんにちは市長です
「東海道保土ヶ谷宿松並木プロームナード実行委員会」の活動状況と、グループとの懇談会のため中田横浜市長が訪問され一里塚の完成がなりました。このプロジェクトの状況は一里塚ブログを参照してください。
 市長の登場はこんにちは市長ですのイベントとして訪問されたもので、トレードマークのピンクのネクタイ姿(ちょっとセンスが・・・)にゴム長で、芝を目串で止める現場作業を行いました。
 本プロジェクトは第1回「ヨコハマ市民まち普請事業」に採択され500万円の事業費を戴き、旧東海道沿いに一里塚を復元し、300mの松並木を復元しようとするものです。松並木と呼べるようになるにはまだ20年先だろう。

114 2007年 1月19日 ホノルルマラソン完走証
 ようやく、ツアーに参加したHISから右の完走証が送られてきました。本来は現地でもらうべきものですが、帰国が翌日であったため、HISのスタッフが代理でもらったもの。しかし、一ヶ月以上もかかったのはなぜだろう。
 ロサンゼルスマラソン等のパンフが同封されていた。4泊6日で、99,800円と安い。ただエントリー代が16,000円というのは世界最高額ではないだろうか?
 興味をそそられたのがローマ&マルタ島(マルタマラソン参加)8日間で179,000円。今年は無理だが、今度はマルタを走ろうかと思ってしまいました。244mから0mへのダウンヒルコースとのこと、自分としてはヒルクライム向きなのだが・・・

113 2007年 1月15日 武蔵小杉
 再開発事業のシンボル的な高層マンションが日々高くなって行く。富士通SSLがタワープレイスに入ってしばらくは小杉近辺では一番高いビルだった。そのうちNEC玉川ルネッサンスシティに追い抜かれた。サウスタワーは26Fとわずかに3回だけ高っかたが、5年くらいしてノースタワー(37F)が完成。
 写真の左は昨年の8月15日に写していたもの、5ヶ月で3倍程度になっている。手前のビルの小杉フロムは消滅し、NECは影に隠れてしまった。
写真をクリックすると拡大

112 2007年 1月 2日 箱根駅伝(往路)
 今年は「保土ヶ谷松並木実行委員会」の手伝いで8時から出ていた。トップの東海大が通りすぎたのが9:40ちょい前。ホノルルマラソンで声を掛けられると元気がでたので、「トウカイ」と周りの人がビックリする声をはりあげた。やりなれないことをしたからか、最後に倒壊してしまった。
 しかし戸塚まではぶっちりで、東海の後は、バスなど一般車両を通していて近年にない差がついていた。昨年までの顧客の「国士舘」はビリで、すでに応援する気も失せていた。
 明日は10:00集合ということで、ゆっくりTV観戦はできそうもない。  往路の結果は83回箱根駅伝サイトを参照してください。

111 2006年12月31日 2006年、大晦日の富士山
 本ブログ風ページも1年(111号)つづけることができました。皆様(一部)のご声援のおかげです。MovableType(ムーバブル・タイプ)Blogシステムによるホノルルマラソン・ブログも並行してアップしています。
 2006年は私自身としましては充実した1年でした。来年も今年同様、充実するように頑張りたいと思っています。
 皆様の変わらぬご声援と、ご贔屓のほどよろしくお願いいたします。

 右は本日(8:20)の富士山、27日程には綺麗に見えていない。
 昨年より積雪はある、26日の嵐のため

110 2006年12月29日 寒風快晴
 ようやく本来の気候(冬型)になった。また世の中年末年始休暇になり、空気が綺麗なったこともあるだろう。この冬、最高の富士の眺めだ。
 トレーニングを再開したが、冷気が肺近くまで入り痛い。冷たすぎるのも問題あり。ホノルルマラソンのスプリットタイムの反省からスピードをつけようと意識的に飛ばしたため、昔の呼吸方法を試したのが失敗。足がついて行けない。歳には勝てないので、歳相応に戻さないと逆効果になりかねない。
 トレーニング再開は来年のホノルルマラソンを目指すためではありません。運動不足解消と、眼のためでもあります。主治医から眼圧を下げる効果があるとのことで「ただし止めると反動があるよ」と言われ、死ぬまで走り続けなければならないってこと・・・

109 2006年12月28日 鉄っちん
 冬休みに入ったこともあり、鉄道マニアの予備軍というべき2人をみた。みなと未来線の先頭車両2人しかいない中に私が乗り込み撮影。たまに、真鉄っちんを見ることがあるが、皆凄いカメラやまだハイビジョンカメラで写していることろは見たことがないが、東急目黒線が開通したころ、βカムで先頭の窓から進行をずっと撮影している鉄っちんを見たことがある。持っているカメラにビックリした。そのうちハイビジョンカメラを見ることだろう。

108 2006年12月22日 三軒マイナス1 ラーメン屋(その6)
 #14からはじめたレポートも6回目となり、とうとう決着した。最後に登場したラーメン屋(C店)が店じまいとなった。前回の報告(5月末)のときは、真ん中の店が危ないと思っていたが、資金力の差だろう、危機を切り抜けた。
 店じまいしたラーメン屋は10月頃からおかしいなぁ、そろそろ危ないのではと思っていた。閉店の張り紙がいつでたか不明。12月に入ってからかもしれない。
 それでどうなったかというと、B店の営業時間が夕方からになった。これでB店は安泰になったかというと、私はそうでもないと思っている。さらに今後の展開を見守りたい。

107 2006年12月14日 ホノルルマラソン完走
 6日から念願(?)のホノルルマラソンに参加のためハワイへ行っていました。私は初めてのハワイでしたが、家内は2回目で30年振りでした(当然家内はマラソンはしません)。昔と同じだったり、変わっていたりしていたようですが、日本の都市より昔が残っているようです。
 ホノルルマラソンは現地から報告したblogの通り、目標タイムの5時間を切る4時間55分40秒(公式時間)で完走でき満足しています。
 右の写真はMARATHONFOTOと言うマラソン写真専門会社が写したもので、そのサマリをダウンロードしたもの。注文するとちゃんとした解像度の物らしい。何枚あるか不明ですが早速CD-ROM(85$)を買ってしまいました。
 ホノルルマラソンだけでないところがすごい。結構なビジネスモデルですね。
 アメリカの不味い食事で(日本の某都市より不味い)帰国して食欲があり、せっかくマラソンで減っただろう体重は元に戻りました。サラリーマンのときは53kgだったのが58kgと、普通の人より痩せてはいますがベストは55kg。

106 2006年12月 4日 生ビール中が190円
 看板の通りです。場所は四谷(しらと眼科の手前のビル)の焼肉屋。機会があったら入ってみよう。これの正反対の値段が、#080で紹介した白馬山荘の生ビールだろ860円。
 看板のメニューを見ると、手羽さき490円、レバ焼き580円、ホルモン580円、豚カルビ680円、和牛カルビ880円とあり、ビールの安さはピカイチですね。四谷までの交通費が結構なもの。
 とは言え「日本一安いビールのお店」かどうかは不明ですが、最低の部類でしょう。

目次  最新   10  9  8   7  6  5  4  3  2  1 
Copyright 2006 - 2019 uSolutions